日本語教育能力検定とは

日本語教育能力検定試験とは、財団法人日本国際教育支援協会が行っている試験で、この試験に合格すると、日本語教師になりやすくなるでしょう。
日本語教師として基礎的な水準にあることが日本語教育能力検定に合格することで証明されますので、就職に有利になります。

試験は年に1度実施され、毎年多くの方が受験をされています。

詳しく知りたい日本語教育能力の検定について知りたいならこのサイトです。

日本語教育能力検定の資格は学歴や年齢は問いませんので、誰でも受けることができます。

最近では、男性よりも女性の受験者の数が多くなっており、学生よりも会社員公務員、自営業や主婦層の受験者の方が多い特徴があります。

またこの資格がないからといって日本語教師になる道が閉ざされるわけではありませんが、持っていることによって、日本語教師の能力が認められますし、社会にも認められやすくなります。


日本語教育能力試験は3部制で1日に分けて行われます。
午前中に試験?が行われた後、昼食後に?と?の試験が行われます。



試験の内容は日本語の文法や構造、言語学、歴史、教区制度や心理学など幅広く問われますので、幅広い知識が求められるでしょう。



日本語教育能力検定の難易度は高く、合格率は20%ですので、検定試験としては難しい部類に入ることでしょう。独学で勉強することはもちろんできますが、短期間に合格するためには日本語教師養成校に通い、受験対策をされた方がよいです。


合格するポイントなどを効率よく学ぶことが出来ますので短期間合格を目指すことが出来るでしょう。