日本語教育能力検定について

日本語を海外で教える仕事をしているという人が少なくありません。

そのような人の中には、日本語教育能力検定を受けることに興味を持っているという人がたくさんいるものです。

しかし、注意しておかなければならないポイントがあります。
そのポイントとは、日本語教育能力検定の試験は海外で開催されていないということです。

いろいろな日本語教育能力の検定について知るならこのサイトです。

開催場所については、日本国内のみとなっています。

海外で受験をすることを希望している人は、会場がないということを意識しておくことが欠かせません。それから、日本語教育能力検定を受ける人の受験者としての条件は、特にありません。



年齢や性別が制限されることもないため、誰でも興味ややる気があれば受験をすることが可能となっているのです。それから、外国人でも受験をすることができるようになっています。


日本語を教える人は、必ずしも日本人に限られている訳ではありません。


外国人でも日本語をマスターして教授法を学び続けているという人が少なくないのです。


実際に仕事に携わっているという人もたくさんいます。そのような外国人の中にも、日本語教育能力検定を受ける人がいるのです。

日本語教育能力検定の試験は、回数が決まっています。10月に1度だけ開催されているのです。
開催時期が決まっているので、受けたいと思っている場合には願書を提出しておくと良いでしょう。

詳しい情報に関しては、きちんと公式のホームページに掲載されているので参考にできます。